KDP, DKDP結晶

KDP結晶
      KDP結晶

標準波長

 透過波長域: 160~1800 nm (DKDP)

 寸法公差:  +0/-0.1 mm

 長さ公差:  ±0.1 mm

 カット角軸方位公差:  <30分

 表面品質:  20-10 S-D

 面精度:   <λ/4 @632.8 nm

 平行度誤差: <20秒

 垂直度:   <5分



概要

リン酸二水素カリウムKDP単結晶及びリン酸二重水素カリウムDKDP単結晶は、Nd:YAGレーザやNd:YLFレーザの第二,第三,第四高調波発生で広く用いられている非線形光学結晶です。 

電気光学アプリケーションにも使われており、Nd:YAGレーザやNd:YLFレーザ,Ti:Sapphireレーザ,アレキサンドライトレーザー等のQスイッチに使用されるポッケルスセルとしても広く用いられています。電気光学結晶として最も広く使われているのは、98 %以上の重水素比を有するDKDPです。結晶は水溶液法によりかなり大きなものまで成長させることができます。つまり、低コストで大きなサイズの非線形光学結晶を得ることができます。

1064 nm Nd:YAGレーザの第二高調波発生(SHG)と第三高調波発生(THG)に、TypeⅠ及びTypeⅡ位相整合のKDPとDKDPを用いることができます。Nd:YAGレーザの第四高調波発生(FHG)には、KDPをお勧め致します。

特徴

・UV域で高透過率

・高光学的損傷閾値

・高複屈折性

・負の熱レンズ効果


商品リスト

特注対応を承りますのでお申し付け下さいませ。



お問合わせは下記のフォーム又は045-345-0002までお気軽にお問合わせ下さいませ。