無偏光ビームスプリッター

 直径公差:      +0/-0.1 mm

 厚さ公差 :        ±0.1 mm

 有効径 :             >90%

 表面品質 :       20-10 S-D

 面精度 :      <λ/8 @ 632.8 nm

 偏光分離比Rs-Rp:  <5 %

 S2のコーティング:  ARsp<0.75 %

              面取り :        <0.25 mm x 45°

              コーティング密着性及び耐久性 :Per MIL-C-675A

無偏光ビームスプリッター
s偏光、p偏光の反射率
無偏光ビームスプリッター
s偏光、p偏光のGDD

概要

キューブ型無偏光ビームスプリッタと比べて、プレート型の方がパフォーマンスに優れています。キューブ型は、ハイブリッド金属/誘電体コーティングにおける吸収があるため、約10 %のエネルギー損失があります(一般的にレーザ誘起損傷閾値は、約0.3 J/cm2変わります)。プレート型無偏光ビームスプリッタは、誘電体膜層のみで設計されているので、損傷閾値は6 J/cm2以上と非常に高い値となっています。偏光分離比Rs-Rpは、5 %以下です。そのため、このビームスプリッタは、非偏光の光源や偏光以外の光源で使うのに適しています。標準品は、数十nmのバンド幅で使用可能なため、様々なアプリケーションで利用できます。例えば、1025 nm~1095 nmで設計されたビームスプリッタは、Yb:KGW,Yb:YAG,Nd:YAG,Yb:ガラス,Nd:ガラスの各種レーザで使用できます。フェムト秒レーザで使う場合、Altechnaはパルス幅に影響しない800 nmと400 nmで設計し、GDD補正をしたコーティングのビームスプリッタを提供します。標準の波長やサイズ以外のものも製造可能です。

特長

・吸収損失がない

・高レーザ誘起損傷閾値

・偏光分離比Rs-Rp <5 %

・フェムト秒アプリケーションに対するGDD補正コーティング


商品リスト

材質 外径 反射率(%) 入射角 Rs-Rp(%) 波長 型名
BK7 Ø25.4 x 6 mm 50+/-5 45 5 1530- 1540 1-OS-1-0254-6-[4H45-50]
BK7 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 1530- 1540 1-OS-2-2040-5-[4H45-50]
UVFS 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 1025 - 1095 (GDD< 100 fs^2) 1-OS-2-2040-5-[4G45-50]
UVFS Ø25.4 x 5 mm 50+/-5 45 5 1025 - 1095 (GDD< 100 fs^2) 1-OS-2-0254-5-[4G45-50]
UVFS 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 770 - 830 (GDD< 75 fs^2) 1-OS-2-2040-5-[4F45-50]
UVFS Ø25.4 x 5 mm 50+/-5 45 5 770 - 830 (GDD< 75 fs^2) 1-OS-2-0254-5-[4F45-50]
BK7 Ø25.4 x 6 mm 50+/-5 45 5 633 1-OS-1-0254-6-[4E45-50]
BK7 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 633 1-OS-2-2040-5-[4E45-50]
UVFS 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 515-532 1-OS-2-2040-5-[4D45-50
UVFS Ø25.4 x 5 mm 50+/-5 45 5 515-532 1-OS-2-0254-5-[4D45-50]
UVFS 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 390 - 410 (GDD< 20 fs^2) 1-OS-2-2040-5-[4C45-50]
UVFS Ø25.4 x 5 mm 50+/-5 45 5 390 - 410 (GDD< 20 fs^2) 1-OS-2-0254-5-[4C45-50]
UVFS 20 x 40 x 5 mm 50+/-5 45 5 355 1-OS-2-2040-5-[4B45-50]
UVFS Ø25.4 x 5 mm 50+/-5 45 5 355 1-OS-2-0254-5-[4B45-50]
 

お問合わせは下記のフォーム又は045-345-0002までお気軽にお問合わせ下さいませ。