大口径アッテネーター

バンド幅: ±50 nm

減衰範囲@ CWL Up to 0.3-99%

損傷閾値 >5 J/cm2 10 Hz, 10 ns, 1064 nm or

     >100 mJ/cm2 1 kHz 100 fs, 800 nm

(高出力、超短パルスレーザー用)

概要

大口径アッテネータの主な特長は30 mm以上の有効径です。

λ/ 2波長板と、1つ又は2つの薄膜ポラライザーが組込まれています。 λ/ 2波長板はS偏光およびP偏光を分離する薄膜ポラライザーの前に置かれます。 分離されたビームの強度比は、ホルダ内の波長板を回転させることによって連続的に調整することができます。

一部のモデルには、ビームダンパーが付属されております。


商品リスト

有効径(mm) 波長(nm) バンド幅(nm) 減衰範囲 損傷閾値
30 1064 ±5 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 1064 ±5 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 1030 ±10 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 1030 ±10 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 800 ±50 0.1-70% >100 mJ/cm² @ 800 nm; 100 fs; 1 kHz
30 800 ±50 4-96% >100 mJ/cm² @ 800 nm; 100 fs; 1 kHz
30 532 ±5 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 532 ±5 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 515 ±5 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz
30 515 ±5 0.3-99% >5 J/cm² @ 1064 nm; 10 ns; 10 Hz

お問合わせは下記のフォーム又は045-345-0002までお気軽にお問合わせ下さいませ。